Back to Top

寄附金・寄附物品

寄付金のご協力

寄附金や寄附物品は、大津市社会福祉協議会が実施する事業や市内学区社会福祉協議会の活動を推進するうえで、大きな支えとなっております。

金額の多少を問わず、年間を通じて随時受付しています。

ご寄附いただいた方には、大津市社会福祉協議会で発行しています、広報紙「ひまわり」にお名前を掲載させていただいています。

どうぞ、お気持ちをお寄せください。

なお、寄附物品については、お受けできない場合もありますので、事前にお問い合わせください。

社会福祉法人などの特定公益増進法人に対する寄附には、
税法上の優遇措置があります。

募金型自動販売機の設置

《所得税》

大津市社会福祉協議会への寄附については、従来からの所得控除制度に加えて、税額控除制度も適用となり、ご寄附いただいた方は確定申告時に「所得控除」もしくは「税額控除」のいずれか有利な控除方法を選択することができるようになりました。

また、賛助会費も税法上の優遇措置の対象となりますので、上記のいずれかを選択することができます。

【対象となる寄附金】

平成27年5月15日以降の大津市社会福祉協議会への寄附金

【控除を受けるための手続き】

確定申告をする必要があり、以下の書類を添付する必要があります。
●寄附金受領証明書
●税額控除に係る証明書の写し(ダウンロードはこちら

【所得控除と税額控除の違い】

 

1.所得控除 (寄附金額-2,000円)=控除対象額 (所得金額から控除)
2.税額控除 (寄附金額-2,000円)×40%=控除対象額(所得税額から控除)
※控除が受けられる寄附金は、総所得金額40%が限度
※税額控除は、所得税額の25%が限度

 

★詳しくは最寄りの税務署にご照会ください。

《住民税》

個人住民税における寄附金控除として、大津市社会福祉協議会に対する寄附金についても寄附金控除の対象となっています。

【控除を受けるための手続き】

寄附金の領収書を添付して申告を行う必要があります。

  • 1.している場合・・・・・所得税の手続きと連動しているので、住民税の申告は不要です。
  • 2.していない場合・・・住所地の市区町村に住民税の申告をする必要があります。この場合は、所得税の還付は受けられません。
【住民税に係る寄附金税額控除額】
1.県民税 (寄附金額-2,000円)×4%
2.市町村民税 (寄附金額-2,000円)×6%

 

★詳しくはお住いの都道府県、市区町村の関係窓口にご照会ください。

募金型自動販売機の設置

会社などの法人が支出した一般の寄附金については、その法人の資本金等の額、所得の金額に応じた一定の限度額までが損金に算入されますが、社会福祉法人などの特定公益増進法人に対する寄附金については、一般の寄附金とは別枠で寄附金の合計額と特別損金算入限度額といずれか少ない金額の範囲内で損金に算入されます。

 

★詳しくは最寄りの税務署にご照会ください。

募金型自動販売機の設置
募金型自動販売機

大津市社会福祉協議会では、災害時または、災害復興支援のほか、社会福祉協議会の広報啓発のため、大津市内に「募金型自動販売機」の設置を推進しています。 ご協力いただいた売り上げの一部が地域福祉活動と災害備蓄用飲料として、活用させていただいています。

設置状況:14台の自動販売機が設置されています