Back to Top

木戸学区社会福祉協議会

昭和18年7月28日 設立

風光明媚な志賀ブロックの中でも、湖と田畑に囲まれた特に環境のいい地域です。旧志賀町時代に役場本庁があって、古くから行政の中心地でもありました。 近年、昔ながらの地域の中に、小さな宅地開発があちらこちらで進んでおり、新しく木戸学区に暮らす方も多くなっています。

学区内にはJRの駅が3つあり、児童たちは小学校から電車で通学しています。 また、志賀ブロック唯一の中学校も学区内にあります。国道沿いには田園風景が続き、兼業農家を営む家も多くあり、湖岸沿いには湖水浴場が複数あり、夏期には観光客でにぎわいます。

子育てサロン 「ふれあい弁当」配布

従来からの活動、福祉に関わる啓発活動(各種講座・研修会・広報発行など)のほかに「実際に困っておられる方々への支援活動をもっと」を目標に取り組んできました。この取り組みを住民の皆様にもっと知ってもらい、利用していけるような発信をしていきます。

敬老会
  • ・敬老のつどい
    • 多年にわたり地域社会に貢献されてこられた高齢者の皆さんの長寿をお祝いするため、敬老のつどいを開催しています。
  • ・ふれあいサロン従事者交流会
    • 学区内にある6つのサロンの従事者を対象に交流会を実施しています。
  • ・寺子屋プロジェクト
    • 平成27年度より子どもの学びと遊びを応援する「わくわく教室」を始め、夏休み、冬休みを中心に取り組んでいます。
敬老会