Back to Top

堅田学区社会福祉協議会

昭和42年7月22日 設立

浮御堂

堅田は琵琶湖の魚介類を収める所領となり、水運と漁業の権益をもち栄えました。中世に入り「諸浦の親郷」として、独自の自治と文化が芽生え発展しました。

居初家は堅田大宮と呼ばれた伊豆神社で会合を開き自治体制を確立しました。

また、文化の発展も多彩で、淡海節・琵琶湖哀歌の作者が住み芭蕉も来堅し一休和尚も修行した文化の町でもあります。。

誰もが住みやすい地域社会を目指して、地域の各団体や関係機関との連携を密にしながら、今日までのネットワークの更なる充実と、高齢者緊急支援対策としての「いのちのバトン」の配布定着と、誰もが住み慣れた地域の住民同士で支えあい・声かけあい・見守りができるまちづくりをめざして活動をしています。

平成27年度は、連携事業としてシルバーセミナー開催協力・湖族祭り協力と参加・おしゃべりボランティア・介護者のつどい・ふれあいサロン・敬老事業・地域三世代ふれあい農園等の支援、又単独事業としてひとり暮らし高齢者給食サービス・給食サービス担当者研修・子どもの居場所づくり「虹の家」等を実施しております。これらの取り組みがいつまでも続く事を願っています。

ふれあい給食

ふれあい給食

ふれあい給食

ふれあい給食

【子どもの居場所づくり】

長期休みを利用して、年間5回子どもの居場所づくり「虹の家」を開催しています。

勉強(宿題)、大人も子ども一緒に昼食、昼食作り、レクリエーション等楽しい企画を実践しております。
野外活動

野外活動

【堅田おしゃべりボランティア】

堅田地域にお住いの一人暮らしの高齢者で、あまり外出されない方からおしゃべりの依頼があれば訪問し、高齢者の気持ちに寄り添いおしゃべりをし、高齢者の悩みを受けとめ孤独感や不安感を解消し、心豊かな生活を支援しています。

今年は立ち上げから10年が経過しました。総括として『10年のあゆみ』を作成しました。
おしゃべり実施風景

福祉委員・民生委員児童委員・社会福祉協議会役員 堅田おしゃべりボランティア合同研修会

おしゃべり実施風景

おしゃべり実施風景

【介護者の集い】

月に一度介護者の集いを開催し、要介護者を介護している家族への精神的な支援を行っています。支援者も介護に必要な知識や技術を学びながら、介護経験者の体験を活かせる場を提供しています。

子どもの居場所づくり
【地域三世代ふれあい農園】

地域全体が家族をテーマに、地域の中で大家族を編成し、三世代で農園活動をしています。

誰もが畑に行ける雰囲気づくりを大切にし、年2回の収穫祭を親睦の場として楽しんでいます。
おしゃべり実施風景

大きいお芋だ~

おしゃべり実施風景

どんなお芋が出てくるかなあ