Back to Top

大津市ファミリーサポートセンター

  • まかせて会員さん いつもありがとうございます。
  • まかせて会員募集中!
  • うちの子も あの子も可愛い この笑顔
  • さそってね まわりで サポートできる人
  • ファミリーサポートセンターって?
  • 会員の条件
  • 援助できる内容
  • 入会するには?
  • 援助活動の流れ
  • 活動にあたって
  • 報酬の基準(計算方法)
  • 補償保険制度について
  • 会員さんの声
  • まかせて会員 募集中
  • 講習会のお知らせ
  • ファミサポ通信

大津市ファミリーサポートセンターは、育児の援助をしてほしい人(おねがい会員)と援助をしたい人(まかせて会員)が会員となって、仕事と育児の両立や地域の子育てを応援する相互援助のための会員組織です。
たとえば・・・こんなとき

  • 週1回残業で、保育園のお迎えの時間に間に合わない。誰かに頼めたら・・・
  • 子どもの参観日。下の子をみてもらえたら・・・
  • 歯医者さんに行く間、子どもをみてもらえたら・・・

そんなとき、ちょっと援助をしてもらえば切り抜けられることがありますね。 家族で乗り切ることができないとき、「近所で助けてくれる人がいればなぁ。」という方と、 「お困りなら、お手伝いができますよ。」という方を結ぶ役割をファミリーサポートセンターがお手伝いします。

会員の条件
大津市に在住または在勤の人
  • おねがい会員 : 子育てのお手伝いをしてほしい人
  • まかせて会員 : 子育てのお手伝いができる人
  • どっちも会員 : おねがい会員とまかせて会員を兼ねる人

※会員は年齢・性別・資格など問いませんが、センターの実施する講習会を受講していただきます。 まかせて会員・どっちも会員は必ず受講してください。

援助できる内容
  • ◇主な援助内容
    1. 保育施設の保育開始まで子どもを預かる。
    2. 保育施設の保育終了後、子どもを預かる。
    3. 保育施設までの送迎を行う。
    4. 学校の放課後または児童クラブ終了後、子どもを預かる。
    5. 保護者の用事や他の子どもの用事の際、子どもを預かる。
  • ◇援助できないこと
    1. 宿泊を伴うこと。(まかせて会員によっては長時間の援助も可能ですが、宿泊は行なっていません。)
    2. 病気の子どもを預かること。
    3. まかせて会員が、子どもを自家用車に乗せて送迎すること。
入会するには?
  • ◇登録時に必要なもの
    1. 印鑑
    2. 保護者の写真2枚(縦4cm×横3cmと縦2.5cm×横2cm、スナップ可)
    3. 本人が確認できるもの(免許証、健康保険証など)
  • ◇入会受付時間
    1. 月~金曜日/9:00~16:00
  • ◇登録に伴う様式について
入会申込書
まかせて会員 :印刷・ダウンロード
どっちも会員 :印刷・ダウンロード
おねがい会員 :印刷・ダウンロード

事前にセンターに会員登録(入会)の予約の電話をしてください。

予約日時にセンターに来所し、会員登録手続きをしてください。 おねがい会員・どっちも会員はお子さんもお連れください。 アドバイザーがファミリーサポートセンターについて説明します。

援助活動の流れ

センターで会員登録(入会)を行います。

会員登録後にアドバイザーから会員を紹介します。

おねがい会員とまかせて会員は事前打合せをします。 おねがい会員からまかせて会員に連絡をして事前打合せの日時を決めます。 (日時をセンターにお知らせください。)

事前打合せをお願いします。 (事前打合せの結果をそれぞれセンターにお知らせください。) ↓ 双方の合意を確認後に援助活動が始まります。

おねがい会員は、センターに依頼の電話をします。

センターで活動依頼の受付、調整を行います。

まかせて会員は援助が終了したら「援助活動報告書」を作成し、おねがい会員の確認印(サイン)をもらいます。おねがい会員は規定の報酬及び実費をまかせて会員に支払います。

まかせて会員は1ヶ月分の援助活動報告書をまとめ、翌月5日までにセンターに提出してください。 ※取り消しする場合は、できるだけ早く相手の会員に伝え、センターにも連絡してください。

活動にあたって
  • ファミリーサポートセンターの趣旨と決まりを守りましょう。
  • お互いのプライバシーを守りましょう。(守秘義務遵守)

◇こんなときはセンターに連絡ください。

  1. 全会員
    • 活動依頼、活動の変更、キャンセル等があった場合(センターに連絡のない活動には、補償保険は適用されません。センター閉所時は事後報告をお願いします。)
    • 住所、電話FAX番号、通園通学、お子さんが生まれた等登録内容に変更があった場合(変更届の提出が必要です)
    • 活動中に事故が発生した場合(センター閉所時は事後報告をお願いします。)
  2. おねがい会員
    • 継続する活動を依頼する場合(毎月20日頃に翌月分の依頼をセンターに連絡ください。)
    • 継続した依頼を終了・休止する場合
    • 登録内容の確認のため、登録されているお子さんが小学校を卒業する年度にセンターまでご連絡ください。(登録の継続・どっちも会員やまかせて会員への変更・退会など)
  3. まかせて会員
    • 活動できる曜日、時間の変更や活動を休止する場合

◇注意いただきたいこと

  • 活動中は常に会員証を携帯し、必ず関係者に提示しましょう。
  • 退会する時は、退会届の提出と会員証・事前打ち合わせ用紙の返却をお願いします。
  • 送付したファミサポ通信がセンターに返送された会員については、3ヶ月ご連絡がつかない場合、退会処理をさせて頂きます。
  • 大切なお子さんをお預け、お預かりしています。援助活動中もお互いに必ず連絡が取れるようにしておいてください。
報酬の基準(計算方法)
  • 大津市ファミリーサポートセンター会則第12条に係る活動費の基準を次のように定めます。
  • 活動日 1時間あたりの活動費
    平日( 月曜 ~ 金曜 ) (終日) 700円/時間
    土曜・日曜・祝日・年末年始 (終日) 800円/時間
  • 援助開始から最初の1時間までは、1時間に満たない場合でも1時間として計算します。
  • 1時間を越える活動は30分以下を上記の半額とし、30分を超え1時間までは1時間として加算します。
  • おねがい会員からの依頼の取り消しは、取り消し料が発生する場合があります。次のとおり、おねがい会員が支払ってください。
    1. ※前日までの取り消し → 無料
    2. ※天災等による当日取り消し → 無料
    3. ※当日取り消し → 活動費の半額(上限3,000円)(援助活動報告書必要)
    4. ※無断取り消し → 全額(援助活動報告書必要)
  • 交通費は実費を支払ってください。
  • 食事やおやつ、オムツなどはおねがい会員が用意してください。やむを得ず、まかせて会員に用意してもらった場合は実費をお支払いください。
  • 1人のまかせて会員に兄弟姉妹を預ける場合は、2人目の活動費が半額になります。
  • 援助に伴う移動に必要な時間も活動時間に含まれます。
    • ◎まかせて会員宅で預かる
      • おねがい会員がまかせて会員宅へ預けてから迎えに来るまでの時間
    • ◎まかせて会員がおねがい会員宅へ出向いてサポートを行う
      • まかせて会員が自宅を出てから帰宅するまでの時間
    • ◎おねがい会員の代わりに保育施設へ送る、または迎えに行く
      • まかせて会員が自宅を出てから帰宅するまでの時間
    • ◎おねがい会員の代わりに保育施設へ迎えに行き、まかせて会員宅で預かる
      • まかせて会員が自宅を出てからおねがい会員が迎えに来るまでの時間
<活動報酬の計算方法の例 ※平日の場合>
はじめの1分~60分 700円 30分未満であっても1時間分となります
1時間1分~1時間30分 1,050円 1.5時間の計算となります(@700円×1.5)
1時間31分~2時間 1,400円 2時間分となります(@700円×2)
①~③ともに2人の時 ①~③×1.5人  
①~③ともに3人の時 ①~③×2.5人  
  • 活動報酬は、1時間を越える場合は30分ずつ加算されます。繰上げでの計算となります。
  • 同じ援助者に「朝」「夕」の依頼をされた場合であっても、朝夕の合計時間ではなく、独立して計算いただいた支払いとなります。
  • まかせて会員(どっちも会員)が援助のために移動する時間も含めて算出してください。
補償保険制度について

会員になると自動的に「サービス提供会員傷害保険」「賠償責任保険」「依頼子ども傷害保険」「研修・会合傷害保険」に加入します。(保険料の会員負担はありません。)

1.サービス提供会員傷害保険

まかせて会員(どっちも会員)が、ファミリーサポートセンターの斡旋による保育の活動中や、自宅と援助を行う場所等への往復途上(自宅との通常経路)において、急激かつ偶然な外来の事故により傷害を被った場合に補償するものです。

<補償額>
クリックで開きます
2.賠償責任保険

まかせて会員(どっちも会員)が、援助活動中、監督ミスや提供した飲食物等が原因で第三者(おねがい会員(どっちも会員)の子どもを含む他人。なお、まかせて会員(どっちも会員)と同居の親族を除く。)の身体または財物に損害を与えたことにより、法律上の賠償責任が生じた場合に、センターもしくはまかせて会員(どっちも会員)が負担する賠償金等を補償するものです。

<補償額>
クリックで開きます
3.依頼子ども傷害保険

おねがい会員(どっちも会員)の子どもが、保育の援助を受けている間に急激かつ偶然な外来の事故によって障害を被った場合に、まかせて会員(どっちも会員)の過失の有無にかかわらず補償するものです。

<補償額>
クリックで開きます
4.研修・会合傷害保険

ファミリーサポートセンターが主催する研修・会合(交流会含む)を開催中及び、会場への往復途上(自宅との通常の経路)、また事前打合せ等(往復途上を含む)で、出席者(講師・子ども等を含む)や当事者が傷害を被った時に補償するものです。

<補償額>
クリックで開きます
5.見舞金制度

おねがい会員(どっちも会員)の子どもがまかせて会員(どっちも会員)宅の財物を破損したり、まかせて会員(どっちも会員)の子どもにケガをさせた場合に、30,000円を限度にお見舞金を支払う制度です。

会員さんの声
おねがい会員

ファミサポを利用して10年以上がたちます。利用当時2歳だった長男が、思春期真っ只中の中学生。今は小学1年生の長女が元気いっぱいに会員さん宅でお世話になっています。

そんな長女もファミサポ歴6年目。まかせて会員さん宅で家族のように接してもらっています。10年以上の月日の中で、何人ものまかせて会員さんに出会うことができました。地域の中で子ども達の成長を温かく見守っていただき、そして私たちの子育てを支えていただいたことは言葉で言いつくせないほどの思いでいっぱいです。

これからもどうぞよろしく!!

まかせて会員

我が家には、5歳の息子と2歳の娘がいるのですが、ファミリーサポートセンターの紹介で、8歳のIちゃんを夕方1時間ほど預かることになりました。

最初はどうなるだろうとドキドキしていましたが、我が家には同じくらいの子どもがいたので、友達か兄弟姉妹のようにお互いに自然に馴染み、毎回笑い声が響き、時には言い合いになったり、注意されたり教えられたりしながら、いろんな遊びをしています。

友人から「自分の子もいるのに、よその子まで面倒みられへん」と言われたこともあるのですが、預かってみると、子どもたちだけで遊ぶので、特に大人が面倒を見る必要もなく手が掛かりません。また、年齢差がちょうど良いのか、お手伝いや下の子のトイレなどにもつきあってくれ、いつも助かっています。本当に、お姉ちゃんが一人増えたかのようです。子どもたちにとっても良い経験ができて嬉しく思っています。

どっちも会員

主人の転勤で滋賀に住み4年。長男の幼稚園の行事などに参加する時、下の子を預けるところがなく・・・。

ネットでファミサポを知り、すぐに登録しました。初めは不安でしたが、朝から自宅に来ていただいたり、本当に助かっています。 そして、長男は小学生になり、今度は私が力になりたいと思い、「どっちも会員」へ変更しました。私のように困っている人があれば、少しでもお役に立てればと思っています。

まかせて会員

ある日のこと、児童クラブからの帰り道Hちゃんが「ママと私とKさんと3人で女子旅しよ!」「どこ行くの?」「大津っこまつり!!」(笑)。

この4月から小学1年生になったHちゃん。元気で明るくてちょっとおしゃまな女の子。

Hちゃんのサポートを始めたのが今から5年前。"地域でサポートしませんか?"というチラシがファミリーサポートとの出会いです。小さな彼や彼女と一緒におしゃべりしたり遊んだりすることは、私にとって、元気の源です。

まかせて会員 募集中

あなたも『子育て家庭の応援』をしていただけませんか? 「できることをできる人ができる時に」 安心して子育てができる環境をみんなで作っていきませんか。 大津市ファミリーサポートセンターでは、子育ての援助をしていただける『まかせて会員』を募集しています。子育て中の方、子育てが一段落して余裕のできた方、お友達もご一緒に!ご入会をお待ちしています。

講習会のお知らせ

ファミリーサポートセンターでは、安心・安全な子育てを学ぶ講習会や親睦を深める交流会を開催しています。会員はもちろんのこと、子育て支援に関心のある市民の方もご参加ください。(広報おおつの5月・10月号にも掲載予定)

ファミサポ通信

大津市ファミリーサポートセンターでは、年2回『ファミサポ通信』を発行しています。 活動の状況や、講習会・交流会のご案内などを載せています。 市内の施設、保育園や幼稚園、児童クラブや児童館など各所に置かせていただいていますので、ぜひお手にとってみてください。

平成28年9月15日発行
第31号
平成28年5月12日発行
第30号
平成27年9月7日発行
第29号
平成27年5月18日発行
第28号
平成26年9月2日発行
第27号
平成26年5月9日発行
第26号